線維芽細胞とは

なんでしわが出来てしまうのか?しわの原因を知ろう

しわのできるまで

しわのできるまで、しわの原因を知って対策を考える

目元やおでこにしわが出来た、しわが深くなってきたと感じていませんか。しわは表情筋と皮膚のたるみなど部位によっても変わってきます。一言でしわと言ってもそれぞれ原因が違えば対策も違う。大切なのは自分にできた、出来始めたしわの原因を知って、しっかりとしわの対策を立てることである。ここではしわの原因をわかりやすく解説します。しわは大きく分けると2つのタイプがあるんです。

しわの原因1

コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン

表皮が原因でできるしわというのは角質層の水分不足によってしわが発生してしまいます。肌のターンオーバーが不規則になってしまったり、不十分な保湿対策などによってさらに悪化するのです。保湿クリームや乳液などの基礎化粧で改善します。肌の水分保持機能を代償的に補いましょう。表皮が原因であっても真皮層の水分保持が低下したり、コラーゲン量が減少すると悪化しますので真皮の積極的な治療もお勧めします。

しわの原因2

しわの原因その2、真皮が原因 真皮が原因でできてしまうしわはコラーゲン繊維とそれを束ねるエラスチンの減少によるものです。弾力性が失われ弛みっぽく感じてしまう厄介なもの。十分な保湿をしてもこれといった効果も少なく、時間もかかってしまいます。こういったケースでは線維芽細胞は確実に減少していますので、細胞培養による治療が非常に有効です。しわの予防・対策として真皮を強化するということは非常に有効であるということを忘れないでください。


しわの対策治療編

しわの対策治療編 真皮線維芽細胞を培養して自分自身の皮膚に移植。真皮を構造をから強化し、しわを出来にくくする!

しわが出来るのは皮膚のコラーゲン繊維が減少し、スカスカの状態になることで皮膚が薄くなってしまいしわが出来やすくなる。真皮性のしわの対策には積極的な治療しかないのである。しわの対策としてコラーゲン繊維を増やし、真皮を肥厚させ強化することで必然的にしわが出来にくくなるのである。


線維芽細胞移植によるしわの対策

コラーゲン繊維を増やす方法として有効なのは「線維芽細胞」と呼ばれる肌細胞を増やすこと。それと細胞そのものを活性化させることである。最先端のバイオテクノロジーで線維芽細胞を数百万倍にまで増やし肌に移植させる特別な医療技術を私たちは持っています。それがしわの対策として非常に有効なのです。



●線維芽細胞を移植すると
老化した肌はコラーゲンが断裂し、真皮はスカスカの状態になり皮膚が薄くしてしまう。 細胞を注射で移植します! ヒアルロン酸が増える!! コラーゲンが再構築される エラスチンが増える!!


線維芽細胞移植以外でしわの対策

ヒアルロン酸注射でしわの対策 ボトックスでしわの対策 レーザーでしわの対策

ヒアルロン酸注射でしわの対策

ヒアルロン酸注射は皮膚そのものに水分保持力の優れた物質を補充することで、肌そのものの水分量を大幅に増やし、ふっくらとした肌を維持することができます。

ボトックスでしわの対策

ボトックスは表情筋などの動きを抑制することで、普段だと皮膚が引き寄せられてしわが出来てしまう負の連鎖をストップさせる治療です。
レーザーでしわの対策
キュリア、Nd-yagレーザーなどの特性を利用し、肌細胞である線維芽細胞を活性化させ肌を若返らせることができます。

詳しく見る

詳しく見る

詳しく見る

PAGETOP