肌の再生医療が望ましい理由

┃肌の再生医療が若返りでベストな選択肢である理由

肌を若返らせる方法として「線維芽細胞移植術」が望ましいのは生理的な働きによって、肌そのものが若返るということ。肌が細胞レベルで若返るというのは現段階では本手法しかありません。そのため肌の若返りにおいては一番望ましい治療であると考えています。

  • ヒアルロン酸やボトックスとの違い
  • ヒアルロン酸注射やコラーゲン注射というのは、ほうれい線やシワの溝の凹みに対し、膨らませることで代償的に治療しています。肌そのものが若返っている訳ではありません。ボトックスについても同様です。筋肉の動きを止めることで、一時的にシワの溝ができなくしているだけで、肌が若返っている訳ではないのです。吸収されたり、薬の効果が切れ始めたら再びシワやたるみが元の状態に戻ってしまいます。
    しかし、肌の再生医療「線維芽細胞移植術」は違います。細胞を補充することで肌そのものが若返りますし、何より生理的、自然的に作用で肌が再生するのです。

  • 美容外科手術との違い
  • 美容外科手術によるたるみ取り「フェイスリフト」は、弛んでしまった皮膚や筋肉を切除することで見た目の若返りを叶える手術ですが、これもヒアルロン酸やコラーゲンなどと同様で肌そのものが若返っている訳ではありません。弛んでいる部分だけをなくしているだけでしかありません。たるみは取れても肌の弾力や艶・潤いというのは手術前と変わりありません。

    (併用となると話は別…)

    ですが、フェイスリフトと線維芽細胞移植術の併用はどうでしょうか? たるみを引き上げてさらに皮膚まで再生し若返らせる。立体的な若返りでさらに肌のハリ・弾力、艶や透明感までも手に入れることができるのでより完璧な若返りに近づけるのです。
    これらのことから肌の再生医療が肌を若返らせるベストな選択肢であると考えています。

  • 肌の再生医療ですべてが叶えられないこともある!!
  • 線維芽細胞移植術でも注意点がございます。フェイスリフトのところでもお話ししましたが、再生医療はあくまで肌を若返らせることはできても立体的な加齢の症状を改善させることは難しいという点です。顔の老けや老化症状にはまぶたの凹み、目の下の凹みや膨らみ、ほうれい線、フェイスライン崩れがあります。これらは肌の老化ではなく、筋肉であったり、脂肪層、骨の問題などさまざま。残念ながら肌の再生医療ではこれらを改善させるまでの力はありません。
    ですので私たちはそれを補うために他の治療を併用することで、より高い満足度と自然な若返りを実現させています。

    美容外科、美容皮膚科、再生医療にはそれぞれの特徴、メリット・デメリットがあります。もちろん再生医療一つの治療で完璧に満足させることを目指してはいますが、症状・状態によっては複合的な治療が望ましいということも多いのです。
    大切なのは皆さまに正確な情報を伝えることです。再生医療ではここまでできる。不足する部分はこういった方法が望ましいなど明確な診断をし、適切な治療を実践することが責任ある医療機関の役割であると考えています。

    PAGE TOP