治療の効果

肌の再生医療線維芽細胞移植術の効果

肌の再生医療であなたの肌は大きく変化する。驚くべき線維芽細胞移植術の効果!!

線維芽細胞移植術は加齢によって失われた肌細胞を補充することで、肌そのものを再生・再構築して若返らせる美肌テクニック。ここでは肌の再生医療の効果と受けるべき意味をご紹介します。

肌の再生医療「線維芽細胞注入」の効果をご紹介

線維芽細胞移植の効果を知って頂く上で大切なこと、それは単に肌を若返らせる効果だけではないということです。細胞を補充するということは真皮層のコラーゲン繊維等が再構築される訳ですから肌の若返り効果を実感できることは容易にできるでしょう。しかし、肌の再生医療はそれだけではありません。線維芽細胞が増えると肌表面に潤いが改善し、ターンオーバーの正常化、保湿力の改善によって肌が美しく変化するという作用も十分期待できるのです。また、細胞そのものが増えることによって、老化の速度が緩やかになるのです。

  • 肌を若返らせる効果
  • 肌をキレイにする効果
  • 肌の老化を遅らせる効果

線維芽細胞移植の効果

肌の再生医療「線維芽細胞移植術」において実感できる主な効果は以下の通りです。

  • 肌の若返り
  • しわの改善
  • 毛穴の開き
  • 保湿
  • たるみの改善
  • ニキビ跡
  • ハリ・潤い
  • 目の下のくま
  • リフトアップ
  • 肌の艶
  • 加齢色の改善
  • 私たちが肌の再生医療「線維芽細胞移植術」の効果として知ってほしいこと。それは根本的な治療になると言うことです。ヒアルロン酸にしろ、コラーゲン注射にしろ実際の肌が若返る訳ではないのです。内側からお薬で盛り上げて擬似的に、見た目に若返ったように見せているだけでしかありません。それはPRPも同様です。しかし、線維芽細胞移植術は違います。細胞そのものを移植して、移植細胞の働きでコラーゲンを再構築し、ヒアルロン酸・エラスチンを生成するため皮膚そのものが若返るのです。それこそがこれまでの治療との大きな違いになるのです。

    効果を実感できる時期について

    線維芽細胞を移植し真皮内で働き始め効果が出現するには1、2ヶ月で出現しますが、自覚症状として感じやすいのはやはり数カ月という期間が必要であると考えます。そのため急いでしわを取りたいという方は線維芽細胞移植ではなく、ヒアルロン酸注射やボトックス、外科的にたるみを除去するフェイシリフトなどが適しています。

    肌細胞が増えてコラーゲン等が再構築され、肌変化が現れるまでにはやはり時間がかかるものなのです。単純に一番表面の角質層における肌のターンオーバーですら4週間かかります。さらに深い層の真皮ならなおさら時間を要するものです。
    短期間で効果を導き出すということは本来の線維芽細胞の働きではありません。ヒアルロン酸や成長因子を用いない限り短期での効果は無理でしょう。

    残念ながら純粋に線維芽細胞だけを移植するクリニックはほとんどありません。実際には注入時に使う混濁液にアルツと呼ばれるヒアルロン酸製剤を混ぜていますし、クリニックによっては成長因子(b-FGF)、PRP(濃厚・濃縮血小板)などを添加したりすることで短期的な効果を引き出しています。厚生労働省に提出されている提供計画にはほとんど全ての医療機関がアルツ等のヒアルロン酸製剤の利用説明をしているのがその根拠です。これらは厚生労働省のホームページに紹介されている各医療機関の一覧にある「説明文書、同意文書等」で確認することができます。もちろん、そういった手法が悪いと言うことではありません。しかし、私たちのように純粋に細胞だけを移植するのと違いますし、細胞の生着を妨げる要因になる可能性があると私たちは考えており、一切の使用を控えています。

    PAGE TOP