線維芽細胞移植術

肌の再生医療線維芽細胞移植術

あなた自身の細胞だけを使い、肌を若返らせる究極のスキンケア!!

あなたの“肌細胞”を体の外で増やしてお肌に戻すだけ。増えた細胞があなたの肌を自然に若返らせてくれるのです。

線維芽細胞移植術とは

線維芽細胞移植術(肌の再生医療)は、あなた自身の皮膚(真皮層)に存在している肌細胞「線維芽細胞」を採取し、採取した線維芽細胞を細胞培養によって数万倍にまで増殖させます。増殖させた線維芽細胞をお肌の気になる部分に移植(注射)すると、細胞は直ちにコラーゲンを再構築し、肌の弾力を改善させると同時に、ヒアルロン酸を大量に生成するためハリ・潤いのある肌へと導いてくれるのです。

これまでの肌の若返り治療というのはあくまで見た目の改善だけでしかありません。シワの溝にヒアルロン酸やコラーゲンを注射して膨らませることで肌が若返ったように見せていました。しかし、線維芽細胞移植術はこれまでの治療とは全く違います。肌細胞を増やすことで肌そのものを若返らせる根本治療なのです。しかも、あなた自身の細胞の働きによる肌の再生ですから何より生理的、自然的に肌を若返らせることができるのです。

細胞を増やすことの重要性!!〜どうして肌が若返るのか?〜

肌の老化はコラーゲンやヒアルロン酸などの減少によって、薄く変化(非薄化)してしまうことで、シワやたるみが出現し、より強く実感することでしょう。このような肌の老化の原因はコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞そのものの老化、細胞数そのものが少なくなるからなのです。

なので肌を若返らせたいと願う方は、一生懸命コラーゲンやヒアルロン酸を飲んだり、化粧品として塗ったりしているはずです。しかし、お肌のコラーゲンやヒアルロン酸というのはどれだけ塗ろうが、摂取したところで肌のコラーゲンやヒアルロン酸として置き換わることはあり得ません。なぜなら肌のコラーゲンやヒアルロン酸というのは肌細胞からでしか作られないためです。
最新のコスメでシワを解消する製品も見受けられますが、これらの作用も全て線維芽細胞の働きを活性化させてシワを改善させるという作用です。しかし、老化した肌、細胞数の少ない肌ではどうでしょう。やはり若返り作用・効果は少なくなってしまいます。

私たちが提供する肌の再生医療「線維芽細胞移植術」はその要となる細胞「線維芽細胞」そのものを大量に増やして肌に戻す、その細胞の力を利用して肌を若返らせるという特別なテクニックなのです。この技術があるからこそ、肌が自然に若返るのです。

線維芽細胞を移植すると肌はこう変化する

治療前の老化した肌


紫外線などの光老化、加齢によって線維芽細胞の数が減少し、真皮中のコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなり、肌のハリや弾力が低下し、シワやたるみが出現してしまいます。

細胞を移植中


細胞培養で数百万倍にまで増殖した線維芽細胞を真皮層に注射で移植します。

治療後の若返った肌


移植した線維芽細胞は積極的にコラーゲンやヒアルロン酸を作り出し、真皮に厚みが出てハリや弾力を取り戻します。乾燥肌も同時に改善します。

線維芽細胞移植術をお勧めする理由

私たちが肌の再生医療「線維芽細胞移植術」をお勧めする最大の理由は“生理的、自然的な肌の若返り”ができる唯一のスキンケアであるからです。

ヒアルロン酸注射やボトックス、PRPを含めてもこれまでの若返り治療というのは、シワやたるみ部分の下に注射することで下から持ち上げることでシワやたるみを解消しています。あくまで見た目の若返りであって、皮膚そのものが決して若返っている訳ではありません。あくまで擬似的な見た目の若返りに過ぎないのです。

しかし、線維芽細胞移植術は全く違います。ヒアルロン酸注射のように注射直後に効果が現れる訳ではありませんが、肌そのものを生理的に若返らせる治療法としては唯一の存在なのです。治療後に実感していただけるお肌のハリ感などは他の治療では味わうこともできません。肌の再生医療「線維芽細胞注入」はお肌を若返らせる根本的な治療であり、肌を再生できる唯一の治療なのです。
だからこそ私たちは「線維芽細胞移植術」をお勧めするのです。

〜私たちが皆さんにお伝えしたい
「線維芽細胞移植術」における2つの効果〜

肌の若返りバックエイジング

細胞が増えれば肌のコラーゲンなどが再構築され肌そのものが若返る。
細胞移植によって増えた肌細胞「線維芽細胞」が、コラーゲンを再構築すると同時に、ヒアルロン酸、エラスチンを作り出すため、肌の土台である真皮が厚く変化することでシワやたるみ、目の下のクマが改善します。この方法は皮膚の内側から自然に改修するので生理的で自然に若返らせることができるのです。また、見た目の若返りだけではなく、ハリ感、もっちり感、潤い感を実感できるのが特徴です。

抗老化アンチエイジング

細胞が増えると肌の老化を遅らせる。つまりは抗老化作用に優れている。
アンチエイジングというのは、厳密に言えば若返りではありません。正しくは抗加齢、抗老化という意味です。これまでおこなわれてきた美容治療は実はアンチエイジングではなく、見た目の若返りです。しかし、線維芽細胞移植術は違います。細胞が増えることで若返り以上に得られるのが老化の予防、抗加齢なのです。細胞を補充するということは何より老化予防、抗加齢に繋がることなのです。

こんな方に線維芽細胞移植術は向いています

肌を若返らせたい人
目の下のクマを直したい人
肌の老化を遅らせたい人
肌に艶を取り戻したい人
肌にハリ・弾力を取り戻したい人

保湿力を高めたい人
お化粧ののりが悪い人
シワ・たるみが気になる人
ニキビ跡を治したい人
たるみ毛穴を解消したい人

線維芽細胞移植術の実際

線維芽細胞移植術が持つ肌の若返りの重要性、必要性についてはこれまでご紹介した通りです。
次に実際の線維芽細胞移植術のご紹介をさせていただきます。

(線維芽細胞移植術の概略)

線維芽細胞移植術ですが、4つの工程(細胞採取、細胞培養、細胞移植、細胞保管)に分けてご紹介します。

1.細胞採取

細胞採取と表現していますが、正しくは皮膚片の採取です。線維芽細胞は皮膚の真皮層という場所に沢山存在しています。ですので皮膚の数ミリを採取し、採取した皮膚にある線維芽細胞を抽出します。採取する場所は主に耳の裏側の皮膚を使用します。

2.細胞培養

採取した皮膚片の中にある線維芽細胞を抽出します。限られた皮膚片の中から効率よく大量の線維芽細胞を抽出することも効果的な肌の若返りに結びつきますので丁寧で細かな作業工程で実施いたします。そうして抽出した線維芽細胞は培養技術を用いて大量に増やします。

3.細胞移植

細胞培養で大量に増殖させた線維芽細胞をお肌に移植します。移植方法は注射だけなのですが、簡単に見えて実は難しいんです。ヒアルロン酸注射にように皮下という層であれば一定の技術があれば容易なのですが、線維芽細胞に関しては真皮層に移植しなければなりません。当院では34Gという極細針や刺入層を0.1mm単位で設定できる特別な医療機器を用いて細胞を移植します。

4.細胞保管

抽出し培養した線維芽細胞は使い捨てではありません。一定量の細胞は-196℃という特別な環境下であれば半永久的に保管することができるのです。ですので細胞培養で増やした細胞を細胞バンクで保管します。そのため細胞移植を受ける場合、その都度細胞を採取することなく治療を継続的に受けて頂くことが可能です。

PAGE TOP