線維芽細胞について

肌の再生医療線維芽細胞の働き

美しい肌のために欠かせない重要な細胞「線維芽細胞」を知っていますか?

コラーゲンやヒアルロン酸を作ってくれる大切な肌細胞「線維芽細胞」をあなたは大切にしていますか?

線維芽細胞とは

肌の若さを保つために必要なのはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の3大成分。それら3つを作り出す細胞が「真皮線維芽細胞」と呼ばれるお肌の細胞です。肌の真皮層にいる細胞で肌のハリや弾力、潤いを維持するためには欠かせない大切な細胞なのです。
主な構成は核小体が明瞭な楕円形の核を有し、細胞質は塩基好性を示しています。全身の結合組織に散らばっていて、組織が損傷を受けた場合は近くの線維芽細胞がそこに移動して大量のコラーゲンを作り、修復を助ける働きがあります。美容面からは、こういった特長がとても注目されています。

線維芽細胞の主な働き

線維芽細胞は、私たちの肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す大切な肌細胞です。線維芽細胞の数が減少することなく十分にあり、活発に働いている肌はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が速やかに生成され、お肌の新陳代謝がスムーズに行われるため、ハリ・弾力、潤いのあるツヤ肌を保つことができます。

しかし、加齢や紫外線などのダメージによって、線維芽細胞の数が減少し、動きが衰えてしまうと、お肌の新陳代謝が衰えてしまいます。そうすると肌の内部はコラーゲンやエラスチンが変性して弾力がなくなり、ヒアルロン酸が失われますので、水分保持量が減少してしまい、乾燥傾向へと肌は傾いてしまいます。その結果、お肌は薄く(非薄化)なり、たるみやすくなりシワやタルミが一気に現れてしまうのです。

線維芽細胞の働きは肌の土台を構成する大切な細胞です。減少すればハリや弾力が失われ、肌痩せを引き起こし、老いた素肌へと一気に加速してしまいます。つまり、美しく若い素肌を保つには、真皮層で活発に働いてくれる線維芽細胞が必要なのです。

線維芽細胞が作り出す肌に大切なもの

コラーゲン

肌のハリ・弾力を保つ
主な成分構成はたんぱく質。繊維状の束で構成され、線維芽細胞の減少、紫外線などの光刺激によってダメージを受けると断裂したり、量そのものが減少してしまい変性を起こしやすく、骨粗鬆症ならぬ肌粗鬆症といった状態に陥る。30歳を過ぎるとコラーゲンは顕著に減少するため、ハリ・弾力のある肌を維持するためにはコラーゲンを再構築してくれる線維芽細胞の働きを活性化させるか、線維芽細胞そのものの数を増やす必要がある。塗ったり、飲んだりしても肌のコラーゲンに置き換えられることはあり得ない。

エラスチン

肌の弾力を保つ
真皮層の中でコラーゲンとともに規則的に絡み合いお肌のハリ・弾力を保っているのがエラスチンです。加齢が進むとコラーゲンと同様に減少、紫外線などの光老化によってさらに減少が加速してしまいます。エラスチンもコラーゲンと同様、線維芽細胞を活性化させるか、線維芽細胞の数を増やすことで肌の老化の進行を緩やかにすることができます。

ヒアルロン酸

お肌の水分を保ち肌に潤いを持たせる
ヒアルロン酸はムコ多糖類という成分で構成され、水分の保持能力に非常に優れています。一般的にはわずか1gのヒアルロン酸で水を4,5リットル保水する力があると言われています。肌の真皮層にはこのヒアルロン酸があることで真皮の水分量が保持されているのです。もちろん、保湿力に優れたヒアルロン酸ですが、肌表面に塗ると非常にハリ感を実感できるのですが、実は角質層までしか浸透していません。もちろん、ハリが出た感じを実感できますから無意味とは言いませんが、ヒアルロン酸が浸透して、肌が若返ったりしている訳ではありません。

ここまで「線維芽細胞」の働き、肌のハリ・弾力に欠かせない大切な細胞であることを説明してきました。次はその線維芽細胞を増やす「培養線維芽細胞」についてご紹介します。

PAGE TOP