培養線維芽細胞とは

肌の再生医療最先端のバイオテクノロジー

肌細胞は体の外で大量に増やすことができる !!

あなたの肌細胞は細胞培養の技術があれば大量に増やすことができる。またそれを直ちにスキンケアとして、将来のエイジングケアとして利用することができます。

培養真皮線維芽細胞とは

培養真皮線維芽細胞とは、真皮層に存在する線維芽細胞を抽出・回収し、接着細胞培養の技術を用いて細胞の性質を変えることなく細胞数を大量に増殖させる最先端のバイオテクノロジー技術です。
培養真皮線維芽細胞は数を増やすことを目的としており、細胞そのものの性質や働きを損なわせるものではありません。

(培養真皮線維芽細胞の働き)
培養真皮線維芽細胞だからと言って本来持つ細胞の性質とは違いはありません。
・コラーゲン繊維の再構築・生成
・ヒアルロン酸の生成
・エラスチンの生成

ただし、その培養技術には処理する技術者のテクニックに影響されやすく、品質を損なわない細胞培養の経験と実績が必要となります。

細胞培養とは

細胞培養とは、体の組織から取り出した細胞を特殊な環境下で育てるバイオテクノロジー技術です。培養中の細胞は、増殖・活性化しますし、体の外であってもそれぞれの細胞としての性質を維持させることができます。
肌の再生医療で用いられる細胞は線維芽細胞と呼ばれる細胞で、培養する細胞の中でも研究実績が多く非常に安定した安全な細胞です。線維芽細胞は性質上、組織から分離された後も、その性質を維持し常に増殖し続けるのが特徴です。

細胞培養の安全性

培養細胞は体の中とは違い余分な因子・要因を取り除いて、純粋に細胞の性質や研究が行うことができるためこれまで多くの研究がなされてきました。特に線維芽細胞については多くの研究者が利用してきた細胞の一つです。
線維芽細胞は他の細胞等と違い、最終分化細胞で他の細胞に変化してしまうことがないため、非常に安全性の優れた細胞です。風評的に癌化するなどという噂がありますが、最終分化細胞ですので劣化(老化)することはあっても他の細胞の変化することはありません。

当院では全ての細胞培養をクリニック内で実施しており、他の施設などに委託するようなことはおこなっておりません。なぜなら全て責任医師、製造管理責任者および品質管理責任者が、細胞の状態を常に観察し、厳しい細胞の品質条件をクリアした細胞だけを利用できるからです。

私たちには細胞研究において20年という実績があります。クリニック内の細胞培養室の管理運営体制も同様の実績があります。これは他の医療機関にはない実績です。その歴史が私たちの細胞治療に対する取り組みであり、より高い品質と安全な再生医療への取り組み、しいては患者さんへの誠意ある医療の提供につながると考えています。

PAGE TOP