線維芽細胞移植術

肌老化の救世主とは

肌再生の救世主
肌に衰えを感じ始めた、シワが出始めた・深くなってきた。これらはすべて肌の老化によるもの。
衰えた肌は何が原因なのか。それは肌の「コラーゲン」が減少してしまったことによるものなのです。肌を若返らせたい、もっとハリのある素肌になりたい。その思いを叶える方法は肌のコラーゲンを増やすことしかありません。
しかし、コラーゲンというのは肌に塗っても、サプリで摂取しても肌のコラーゲンに置き換わることはあり得ません。また注射で直接コラーゲンを注射しても数ヶ月で吸収され無くなってしまいます。それがコラーゲンなのです。
どうすれば肌のコラーゲンを増やすことができるのか?
その答えは...
「肌細胞」を増やす!!

肌のコラーゲンというのは肌細胞からしか作られません。
肌に塗っても、サプリで飲んでも肌のコラーゲンに置き換わることはありません。低分子化させて肌に浸透させるといっても一番表面の角質層まで。コラーゲンが本来あるべき層、真皮層まで届くことはありません。
ですので肌のコラーゲンを増やすには肌細胞の数を増やすこと以外に方法は無いのです。
肌細胞といっても数種類ある細胞の中で、どの細胞を増やす必要があるのか、それは「線維芽細胞」と呼ばれる細胞です。

それじゃどうすれば「線維芽細胞」を増やすことができるのか。
それは肌の再生医療を応用した最先端の若返り治療「線維芽細胞移植術」です。ここでは最先端の肌の再生医療「線維芽細胞移植術」について詳しく解説いたします。

線維芽細胞の働きについてはこちらをご参考ください。

線維芽細胞移植術とは

線維芽細胞移植術

線維芽細胞移植術というのは、自分自身の肌にある線維芽細胞を細胞培養という最先端の再生医療技術を使って大量に増殖させ、増殖させた培養線維芽細胞を肌に戻すことで肌のコラーゲンやヒアルロン酸を増やし、肌を若返らせるという究極の肌の若返り治療のことを言います。
これまでの治療というのは、あくまで肌細胞を増やすのではなく、今ある肌細胞「線維芽細胞」を活性化させることで肌のコラーゲンを増やし、肌を若返る今年かできませんでした。PRPも同じです。再生医療とは呼ばれていますが、線維芽細胞を活性化させるための因子(ファクター)を注射することで今ある肌細胞だけを活性化させることしかできません。
しかし、線維芽細胞移植術は違います。肌細胞そのものを直接増やす、いわば根本的な肌の若返りを実現した再生医療なのです。

線維芽細胞移植術の原理

具体的な線維芽細胞移植術の原理、効果についてご案内します。以下の図を参考にして下さい。
老化した肌はコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞が減少したことでハリや弾力の失われた肌へを変化してしまいます。その老化した肌に再生医療技術”細胞培養”で増殖したあなた自身の線維芽細胞を注射で移植します。移植した線維芽細胞は直ちにコラーゲン、ヒアルロン酸を作り出し、肌の基礎をしっかりと整え、ハリ・弾力のある素肌へと変えてくれます。

老化した肌

老化した肌

加齢によって肌細胞が少なくなることで、肌のコラーゲン、ヒアルロン酸も減少し、肌がしぼんでしまいシワやたるみができてしまった状態。

線維芽細胞を移植

線維芽細胞移植術

あなた自身の肌細胞を抽出し、抽出した線維芽細胞を細胞培養という再生医療技術で大量に増やし、注射で気になる部分に肌に移植します。

肌が若返る

若返った肌

肌に細胞が定着すると、線維芽細胞はコラーゲン、ヒアルロン酸を大量に作り出し、肌のハリ・潤い・弾力が改善し根本的な若返りを実現。

線維芽細胞移植術の効果

目の下・頬・口周りへの細胞移植
治療前の老化した肌

細胞移植前

線維芽細胞移植術4年後の肌

細胞移植後

おでこ(前額部)への細胞移植


上側:治療前
下側:線維芽細胞移植7年後

治療の内容

線維芽細胞移植術の具体的な治療の内容をご案内します。

皮膚片・血液の採取細胞培養細胞移植
  • まず、はじめに耳の裏側から数ミリの皮膚片を採取、それと同時に細胞培養に必要となる血液を採取します。(採血量は移植する細胞数で違ってきます。)
  • 採取した皮膚片と血液は速やかにクリニック内にある細胞培養加工室に輸送され、皮膚片にある線維芽細胞を抽出し、細胞培養が始まります。
    細胞培養中は細胞の数だけではなく、細胞の形状、感染症の有無等細かく検査し、品質管理、製造管理の専門医が常にチェックします。
  • 培養した細胞は、移植で用いる細胞と、セルバンクに預けて保管する細胞とに分けます。
  • 移植で用いる細胞数が基準に到達したら細胞を移植します。
    細胞の移植は注射で行います。

他の若返り治療法との比較

美容外科、美容皮膚科における主に外科的な肌の若返り治療等と線維芽細胞移植との違いをご説明いたします。

線維芽細胞移植の問題点

肌の若返りにお勧めする肌細胞の培養による再生医療「線維芽細胞移植術」におけるデメリットは効果の出現までに時間がかかってしまうことだけ。

私たちの線維芽細胞移植

残念ながら同じ治療も感じる効果は確実に違います。その差は培養技術ではなく、どういった細胞に育て、それをどう移植させるかがキモとなる。