セルバンク

細胞バンク(セルバンク)システムのご紹介

[ 肌の再生医療 ] 細胞バンク
10、20年後のために今の細胞を預けて保管する!!
肌の再生医療は今の状態を改善するだけではありません。10、20年先の肌のために細胞を預けて保管するのです。

細胞バンクは、細胞そのものの時間を止めることができる未来へのタイムスリップ!!
細胞バンクは未来のあなたの肌のための最上級のスキンケアへと導いてくれる。
私たちは常に時間とともに過ごし、それに伴い細胞も老いていくもの。さらには紫外線などの外的刺激やストレスなど内的要因が科せられ、肌の老いは想像以上に進行しているものなのです。
細胞の老化というのは分裂回数で影響します。線維芽細胞の一定の分裂を繰り返すことで衰退しやがて消失します。その一連の動きを体の中で止めることなんてできません。しかし、一度体の外に取り出すことができたのなら…
それを可能にしたのが「細胞バンク:セルバンク」なのです。

細胞バンクとは — about —

細胞バンク(セルバンク)というのは細胞のための銀行のこと。今の年齢の肌細胞を採取し、それを細胞バンクに預けて、必要な時に解凍して使用する細胞治療システム。
線維芽細胞を含め全ての細胞は常に老化が進んでいます。当然、歳を重ねれば重ねるほど細胞自体が老化してしまいます。しかし、細胞バンクに預けた細胞というのは、-196℃という特殊な環境下で保管することで、細胞の働き、分裂を止めたまま眠らせることができるのです。
その状態はつまり老化しない状態ということ。老化をストップさせたまま保管・維持できるのです。それが細胞バンクの最大の特徴でありメリットとなのです。

また、それだけではありません。細胞を保管していなければ、治療ごとに新たに細胞採取から行う必要があります。そうなると新たに皮膚を切開しなければなりませんので、身体的な負担をかけてしまうことに繋がります。細胞バンクはあなたの細胞をずっと大切に預かり、ご要望があればいつでも引き出せるのです。
〜 細胞バンクを画像で紹介 〜

細胞バンク  〜 ご利用の流れ 〜

「線維芽細胞」における細胞バンクのご利用の流れ

ここでは線維芽細胞における細胞バンクの流れについてご紹介します。
お肌の再生医療「線維芽細胞移植術」をお申し込みの方には細胞バンクが含まれています。

STEP 1 皮膚片・血液の採取
肌でも比較的ダメージの少ない場所(耳の裏側)の皮膚を数ミリ採取します。次に細胞培養に必要な血液を採取します。採血量は細胞バンクのみのご利用の場合、概ね150mlの血液を採取します。

STEP 2 線維芽細胞の抽出
採取した皮膚片から線維芽細胞を抽出します。できる限り細胞へのダメージを抑え、多くの線維芽細胞を抽出・回収します。採取した血液は培地として使うために血清処理します。

STEP 3 線維芽細胞の培養
回収した線維芽細胞と培地を使って線維芽細胞を基準量まで培養して増やします。保管する細胞は全て感染を否定し、細胞の性質についても問題のないものだけを保管します。

STEP 4 細胞の凍結保管
細胞保管プログラムによって培養した線維芽細胞を-196℃という保管環境下で安全に保管・管理致します。一度保管した細胞は利用ごとに必要量を解凍し、再生医療および細胞治療としてご利用いただけます。

STEP 5 細胞の保管期間
当院では細胞保管の期間は設けておりません。全て生涯に渡って細胞をお預かりするサービスです。ただし、将来的には保管・管理費用等が追加になる可能性はございますが、現在のところ採取費用に全て含まれております。
※有料サービスへと変更になった場合、現段階でお申し込みされているお客様は無償サービスを引き継いで管理致しますのでどうぞご安心ください。

※これら細胞バンクのご利用は「線維芽細胞移植」をお申し込みの方には全て含まれているサービスです。