初めての線維芽細胞注入

初めての線維芽細胞注入


線維芽細胞注入でどうして肌が若返るんでしょうか?

肌の再生医療「線維芽細胞注入」がどうして肌を若返らせることができるんでしょうか、その理由を知ればきっとあなたは再生医療の重要性、老化を予防する治療の必要性について理解することができると思います。

肌老化の根本となる原因は「肌細胞:線維芽細胞」の減少にある

肌の老化は真皮の老化によって顕著に現れます。それはコラーゲン、ヒアルロン酸が減少することで実感することになります。コラーゲンが減少すると繊維としての構成成分が少なくなりますので、弾力が衰え、シワ・たるみが出現します。ヒアルロン酸が減少すると水分保持量が減少し、同じように皮膚(真皮)が非薄化し、乾燥しやすくなるのです。

コラーゲンの減少:ハリなど弾力の低下、皮膚の非薄化

ヒアルロン酸の減少:水分保持量の減少、乾燥傾向、皮膚の非薄化

コラーゲンやヒアルロン酸を作り出している細胞

それが「線維芽細胞」なのです!!

肌の再生医療「線維芽細胞注入」は、耳の裏側などダメージが一番少ない皮膚の一部から皮膚片を採取し、線維芽細胞を抽出します。そうして抽出した線維芽細胞を細胞培養技術で数百万倍にまで増殖させ、肌に移植するアンチエイジング、バックエイジング 技術テクニックなのです。
生着した線維芽細胞は「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」を作り出すことで肌がみるみる若返ります。
これが私たちの提供する肌の再生医療「線維芽細胞注入」なのです。

線維芽細胞注入の流れ

私たちはあなたの肌の悩みに誠実に寄り添い、丁寧にお伺いします。

今の肌の状態を診させてください。
そうして、どこまでの改善を求めるのか、将来的などういった肌に整えたいのかなど、あなたの想いや悩みをお聞かせ下さい。
皮膚科専門医、再生医療の専門医が、皮膚科学をもとに、あなたのベストはスキンケア、治療法などをご提案いたします。

1.初めは診察から。あなたの悩みをお聞かせください

時間をかけて丁寧に肌の状態を診させて頂きます。そうしてあなたのお悩みをお聞かせください。しっかりと細かくアドバイスをさせて頂きます。私たちは治療を斡旋することはありません。あくまで解決法、改善法を提案します。治療を受けるか否かはしっかりと考えて申し込んでいただければかまいません。

2.一人ひとりの肌質に合った治療法の選定

相談・診察の結果をもとに具体的な治療法についてご提案いたします。線維芽細胞注入だけではなく、あなたの悩みを解決できる具体的な方法を提案いたします。美容外科、美容皮膚科、皮膚科、メディカルエステなど幅広い治療の提案ができるのも私たちの特徴です。

3.各種検査等の実施

線維芽細胞注入は血液検査が必須です。また、麻酔方法の選択によって検査の方法などにも違いを生じます。あなたのご要望に応じて適切な検査を実施致します。

4.線維芽細胞注入治療

実際の線維芽細胞注入ですが4つの項目に分けてご説明します。
(1)皮膚片・血液の採取
(2)細胞培養
(3)細胞注入(移植)
(4)リピート(継続治療)

(1)皮膚片・血液の採取
耳の裏側から数ミリの皮膚を採取します。同時に細胞培養で使用する培地用血液(自己血清)を200ml程度採取します。(血液量は注入する部位で変動します。)

(2)細胞培養
採取した皮膚片から、線維芽細胞を抽出し細胞培養で大量に増やします。細胞培養には1、2ヶ月という期間を要します。一定量の細胞は凍結保存し、2回目以降の細胞培養・注入治療に利用します。

(3)細胞注入・移植
予定注入部位に必要な細胞数が確保できたらいよいよ細胞注入です。真皮層をターゲットとし、丁寧に注射で細胞を移植していきます。細胞の生着は数日で安定します。

(4)リピート・継続治療
線維芽細胞注入は継続的な治療によってより高いバックエイジング、アンチエイジング効果を認めます。保存した細胞を再度解凍し、継続的に利用することができます。

(5)電話によるサポートにも対応
治療後にも不安を抱える方も少なくありません。私たちは専門の相談員が術後の経過などについて、電話やメールなどでお伺いし、適切な対処をしっかりとおこなっています。安心して経過を過ごせるよう精神面からのサポートもいたします。

責任ある治療のために

私たちは細胞培養も全てクリニックに設立した細胞培養室で医師が管理し、製造管理、品質管理をおこなっています。多くのクリニックで行われている再生医療ですが、ほとんどが業者による委託培養です。専門家、医師が製造管理している訳ではありません。私たちは責任の所在を明確にすること、より高い品質の細胞に育てるために全てクリニック内で細胞培養を行っています。
私たちには20年以上に及ぶ細胞培養の実績があります。

万全なアフターフォロー・ケア

線維芽細胞注入は肌を再生すること、美しくすることが最大の目的です。しかし、肌は常に老化していますし、コンディションも大きく変動するもの。私たちは美容外科、皮膚科、美容皮膚科、メディカルエステなどさまざまなスキンケアを提供できる特別な美容クリニックです。万全なアフターフォロー・ケアであなたの肌のために最善の治療を提供いたします。

線維芽細胞注入の相談には、このような方が多くいらっしゃいます。

このようなお肌のお悩みを抱えていませんか?

まずはお気軽にご相談ください。

自然な肌の若返り ハリ・弾力を取り戻したい 目の下のクマを解消したい
シワを消したい・薄くしたい ほうれい線を改善したい ニキビ跡・アクネスカー
老いた肌を若返らせたい 乾燥肌・ドライスキン 老化の予防
線維芽細胞 Q&A

私たちは始めてのスキンケアを応援します !

Q:傷跡やダウンタイムなど、術後の経過が心配です。仕事などの休みはどれくらい必要になりますか?
A:長期のお休みは不要。強い腫れもありません。
傷跡というのは耳の裏側の数ミリ残ります。しかし、皮膚の折れ曲り部分ですので目立つことはありませんし、大きいものでもありません。意図的に広げたりしなければ普通に見えるものではありません。

お仕事のお休みについてですが、皮膚片の採取・血液の採取に関しては基本的には不要です。問題は細胞を注入した後の時です。範囲によっても違いはありますが、1、2日程度は注射痕が残ります。もちろん、メイクで隠せますが、気になる方もお見えになります。おやすみの確保ができるのであれば、2、3日程度のお休みがあれば十分でしょう。ただし、腫れなどの影響は翌日にはほとんど引いてしまいます。注射痕が大きな問題と考えていただいてかまいません。

Q:周囲に治療を受けたことバレたくありません。本当に大丈夫でしょうか?
A:2、3日のお休みがあれば十分です。
線維芽細胞注入ですが、注射当日は強い腫れを生じることがありますが、翌日にはほとんどの腫れは消失します。残っているのは注射痕です。しかし注射痕はメイクで隠せますので決して目立つものではありません。余裕を見て2、3日のお休みが取れれば大丈夫です。
ごく稀に部分的な内出血を生じますが、数日で解消しますし、内出血はメイクで隠すことができます。

Q:線維芽細胞注入の副作用などが心配です。起こりうるとすればどういった症状を引き起こしますか?
A:基本的には副作用のない治療です。
線維芽細胞注入の副作用ですが、ご自身の細胞を用いた治療ですから、アレルギー等を含めた副作用といったことの心配は不要です。腫れや内出血、注射痕などはございますが、何らかの問題となるような副作用の報告もありませんし、当院でもそのような事例はございません。
ただし、ごく稀にですが細胞培養加工の途中で採取した細胞の発育が悪かったり、感染などを引き起こした場合は細胞培養を中止し、改めて皮膚片を採取するといった可能性は否定できません。

Q:何回の治療で効果を実感することができるんでしょうか?
A:1回でも効果を実感していただくことができます。
線維芽細胞注入の効果ですが、異界の治療でも効果を実感していただくことは可能です。ただし、それは1回の治療でシワが消失したり、肌がいきなり若返るということではありません。細胞を補充しその再生には一定の時間を要しますので、シワやたるみなどの見た目の変化には複数回の治療が必要ですが、保湿が高まることで乾燥肌が改善し、肌のもっちり感など自覚症状としての実感は1回の治療でも実感していただくことができます。それはリピート治療を希望されるということが効果の表れの一つであると考えています。

PAGE TOP